最初の商材ネタを見つけた方法【ネタミツケーター】|最初の商材ネタを見つけた方法【ネタミツケーター】(柴田真輔)

最初の商材ネタを見つけた方法【ネタミツケーター】

最初の商材ネタを見つけた方法【ネタミツケーター】(柴田真輔)

《内容》最初の商材ネタを見つけた方法【ネタミツケーター】

情報ビジネスの最初の商材ネタを見つける方法です。
10年近く、商材ネタが見つからなくて悩んでいた私が、
ようやく、ネタを見つけた方法です。
■22の簡単な作業ステップ
その方法を忠実に再現できるように、
22の簡単な作業ステップを作りました。
作業は無料で、たった一人でできるモノです。
私の場合は、この作業をして数日で、
最初の商材ネタを見つけることができました。
(合計作業時間、6時間~9時間程度)
その後も作業を続けた結果、5つから7つくらいの
「今の自分に作れる」というレベルの商材ネタを見つけることができました。
(ネタをメモったメモ帳を捨ててしまったので、
 見つけたネタの数が正確にはわかりませんでした。
 最低でも5つ~7つくらいのネタは見つけたと思います。)
■同じ作業を3時間やったら、5つの新しいネタを見つけた
また、同じ作業をして、
実際にネタが見つかるかどうかのテストもしました。
3時間だけ、同じ作業をしてみました。
その結果、5つの新しい商材ネタを見つけることができました。
(マニュアルには、この5つのネタも書いてあります。)
■ステップ毎にマニュアルを用意
22の各ステップ毎に、マニュアル(PDF)を用意しました。
こうすることで、そのステップのやり方がわからない場合は、
そのマニュアルを読んで、内容を理解して、進めることができます。
また、ステップをひと目見ただけで、作業内容を理解出来る場合は、
マニュアルを見ないで、そのまま作業することができます。
■作業をする理由と意味を、マニュアルで解説
各ステップで、
「なんでそれをやるの?」
「それをする理由が知りたい」
と思いそうなモノには、そこのマニュアルで、
『その作業をする理由、意味』
を解説しています。
これを見ることで、納得して作業することができるようにしました。
■メンバー専用掲示板
参加者専用の掲示板も用意しました。
ここには、同じインフォプレナーを目指す、
同志と交流することができます。
・疑問に思ったこと
・わからないこと
・雑談
・etc..
自分の好きなように活用してみてください。
■メンバー限定サイト
参加者専用の限定サイトを作りました。
ここに22の作業ステップ、そのステップそれぞれの横に、
マニュアルPDFへのリンク、それと掲示板URL
などが表示されています。
基本的には、このサイトを中心に
作業することになると思います。

商品区分:ダウンロード販売

発行者名:柴田真輔

▼いますぐチェック!▼

最初の商材ネタを見つけた方法【ネタミツケーター】の公式ページへ

管理人よりワンポイント!

柴田真輔さんの最初の商材ネタを見つけた方法【ネタミツケーター】。最初の商材ネタを見つけた方法【ネタミツケーター】ってことですが。 このノウハウとの出会いは僕自身の人生を変えた今までにあまり聞いたことのないやり方だったと思う。この情報商材の取組みやすさは本当に入手してとり行ってみないことには実感は難しい。吸収できたものと払ったお金をオモリに乗せてみると、入手したものの方が決定的に大きかったのです。これだけ断定しているのもこの稼ぎ方を実際に活用してみた上で継続性の高さを感じたからですね。こんな僕でも買い物にたどり着くまで途方に暮れるほど考えているんですよね。様々な面で迷って、ちっとも先に至らなかったんですね。本当にこのノウハウは、買うような利点はあるのかな?実用性に対してはどうなんでしょう。失敗したくないと想像すればあと少しが踏み出せないですね。しかし…挙句に寝ている最中もその品が出現するようにまでなった。どれだけ経って行っても落ち着いた状態になれずにいる。それほどだったらもう、注文するしかないでしょうね。購入を確定した後スムーズに到着。少し持っていた不安もすぐに飛び立っていきました。そこで自分のところに配布された情報と見てみると…それは少々驚きました。確実な中身と、感覚に残った誠実さは支払った値段以上の稼ぐ情報だったのです。このときがショッピングの中の一番の楽しさでは無いだろうか。決心して購入した私のことを拍手してあげたい気になっている。日々がとんとん拍子で一変しました。これもこのノウハウの素晴らしい能力ですよ。この稼ぎのノウハウ利用してみたのですが、お値段よりも大きな価値の部分に気がついたんですよ。実を言えば…昔、同じような商品を買ってガッカリした経験があるんです。価格は効果がありそうなレベルなんだけど…。モノに対して見たらガッカリとしか言えないですよ。散々迷ってこのスキルを買う自信が無かったのも、何回も悲しい思いをしたくなかったのです。実際の話、この情報商材のことに対してこんなにも利便性があるなんて予想もしていなかった。これまでの品物と比べるとずれは徹底的でしょう。何といっても面白いんですよ。新たに先を見てみたくなる。こんな風な好奇心がある。そんなに自ら整理しなくても進められる。僕にとってこれが他の何よりも嬉しかった。どれほど私がガッチガチに固くなっていたのかと言うことを思い知らされた。このノウハウは私の視野を教えてくれた。

▼いますぐチェック!▼

最初の商材ネタを見つけた方法【ネタミツケーター】の公式ページへ